toggle
2018-07-07

大人の塗り絵をもっとアートに、もっと楽しくする3つの方法☆

 
かわいい輸入食品のイラストにドキドキして塗った、2015年の過去作品です。
 
 
こだわりは、実物と違う色で塗る。
びっくりする色にしたかった。
 
 
 
 
ピンクな卵
 
 
 
青いコーラー
 
 
 
ショッキングピンクな牛乳パック
 
 
(実際あったら絶対買わない 笑)
 

○実物と違う色で塗る
○隣り合うものに同系色を使わない
○2色の色鉛筆の組み合わせこだわる
 
特別な塗り方はできないけど、変わった色を選ぶことで印象に残る作品にしたいと思いながら塗りました
 
 
 
初めて使うドイツ製の色鉛筆にもドキドキ。
 
 
 
鮮やかに並んだグラデーションの中からどの色鉛筆を使うか迷うのも楽しかった!
 
 
塗っていて感じたのは、ステッドラー水彩色鉛筆は他社製品と発色が違うということ。
全てがカラフル。どの色もくすんでない。
 
日本製のものや、ずっと使っているファーバーカステル社の色鉛筆では出ない色ばかり。
 
 
 
 
 
水彩色鉛筆なので芯が柔らかく減りが早いのが欠点だけど・・重ね塗りやグラデーションに特化する長所が備わっています。
 
 
 
 
 
それから、
私の大好きな輸入食品のイラスト♡
 
塗り絵ブックの表紙では景色の塗り絵に見えるけど、そうじゃないんです!
 
洋服やファッション雑貨、お菓子。それからパリの街並みのイラスト、それぞれが半分ずつ収録されています。
 
 
 
外国のデザインや色合いが大好きな私には、運命を感じた塗り絵でした。もう心がときめきいてときめいて(><)
 
 
 
 
 
大人の塗り絵をアートに楽しくする3つの方法をまとめると
 
 
①お洒落なおとなの塗り絵ブックにこだわる
②色鉛筆にこだわる
③美しい色の組み合わせにこだわる
 
 
 
 
この3つのこだわりで至福の塗り絵時間が手に入る、おすすめの方法です☆
 
花や木のイラストも面白いけど、雑貨系はもっと面白いです!ぜひぜひ試してほしいです。
 
 
(背景が真っ白だと寂しかったので、グレーの色鉛筆でストライプ柄を塗り加えてみました)
 
 
パソコンが一時的に壊れて、少し更新が空いてしまいました。その間にできた作品、近々アップしますね*
 
 
 
LINEで送る
Pocket

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。