toggle
2017-03-14

自分の個性を大事にしたい。葉っぱを緑で塗らない『ひみつの花園』?

『ひみつの花園』きなこもち (2)
 
 
おはようございます。
コロリアーティストの菅原志希です。
 
 
前回予告していた『ひみつの花園』と「チロルチョコきなこもち」のコラボ塗りが完成しました☆
 
井戸のイラストなのにオレンジ色で、きなこもちが居るという違和感のある塗り方、ずーーっとやってみたかったんです。
そして四角いチロルチョコを丸型にできたことも嬉しい!
 
 
相変わらずの違和感塗り(笑)ですが、今回も塗っている工程を順番に載せていきますね。
 
 
 
 
『ひみつの花園』きなこもち (12)
 

まずはロゴやきなこもちの型紙を作って、それをイラストに下書きします。
(鉛筆で薄ーく)
 
 
 
『ひみつの花園』きなこもち (9)
 
 
下書きができたら、こんなふうにイラストの外側(背景側)を間違えないように着色。
 
 
 
『ひみつの花園』きなこもち (10)
 
 
きなこもちや元祖の文字が小さいと、葉っぱや花のラインに文字が負けてしまうから、大きめに描いています。
 
 
 
『ひみつの花園』きなこもち (7)
 
『ひみつの花園』きなこもち (8)
 
『ひみつの花園』きなこもち (11)
 

目を描くと、おなじみの”きなこもち”になりますね☆
この部分は葉っぱが生い茂ってるから、ちゃんと顔に見えるかちょっと心配でした。
 
 
 
『ひみつの花園』きなこもち (1)
 

使った色鉛筆もシンプル。井戸のイラストは緻密なラインが少なくて、すらすら塗れて気持ちよかった♪
 
 
 
『ひみつの花園』きなこもち (5)1
 

私の塗り方について、こだわってるコトをまとめると…
 
 
☆イラストの中を塗らない「背景塗り」をする

☆葉っぱを緑で塗らない

☆コラボするものとイラストが違和感のあるものを選ぶ

☆四角のチロルを丸型のイラストに塗ったように、コラボ商品と違う形のイラストを選ぶ
 
 
 
『ひみつの花園』きなこもち (6)1
 

「なんだこりゃ!」って思わず言ってしまうような、目を見張るような、笑いや驚きがある塗り方がしたい。
 
 
というのも、毎日同じことの繰り返しだと、刺激や楽しみが感じられない”マンネリ状態”になりませんか?
(贅沢ですが、私はなるんです> <)
 
 
そして私は普通のOLをしているのですが、よく変わってると言われる私は組織のなかで浮いていて、理不尽なこと・苦しい出来事がよくあって、やり場のない気持ちになることが多くて…
 
 
普通を押しつけてくる世間に対して、おとなの塗り絵は私らしくいられる媒体なんです。
 
個性や自由が主張できる。
 
 
『ひみつの花園』きなこもち (2)
 
 
人と見る視点が違うこと・変わってることがコンプレックスで、そんな自分が嫌だったけど、コラボ塗りや背景塗りを始めてから「私は私で良かった」と思えるようになって、気持ちがラクになりました。
 
 
自分の決めた道をしっかり歩みたい。
自分が美しいと感じるものに対して手を緩めない。

「コラボ塗り」をしていて、叶えるための夢をもっと育てたい、そう思った休日の午後でした。
 
 
 
*SNS始めました。フォローしていただけると嬉しいです* 
 
 
 
♪塗り絵ブックと画材のご紹介♪ 
 
 
 
世界中の塗り絵ファンがハマってる、不思議な魅力を持つイラストがぎっしり☆
 
 
 
こちらは原本(英語版)
中身はすべて英語表記でカッコイイです☆
 
 
 
【ファーバーカステル ポリクロモス油性色鉛筆】
  
塗りごこち、芯の硬さ、色のり…すべてパーフェクトで手放せなくなりました。
本気でおすすめしたい色鉛筆です。
 
【24色セット】【36色セット】【60色セット】
 
 
LINEで送る
Pocket

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。