toggle
2016-12-06

大人の塗り絵をクリスマスカラーに塗るコツ☆『ジョハンナからの贈りもの』

dsc_44371
 
こんばんは。コロリアーティストの菅原志希です。
 
今日は初めての試みで、なんと表紙をクリスマスカラーに彩色☆
「表紙だから失敗できないなー」って思いながらちょっとドキドキしながら塗りました。
 

~コロリアージュのご紹介~

”ありそうで無かった”クリスマスの塗り絵がやっと発売(><)!
 
表紙のようにびっしりな絵柄、大きなオーナメントの絵柄、お菓子の家とかページをめくるたび景色がどんどん変わる豪華なオトナのぬり絵です☆
 

 

こちらはクリスマスリースが金色に彩色された日本語版☆


著者:ジョハンナ・バスフォード(Johanna Basford)
ページ数:80ページ
出版社:グラフィック社
発売日:2016/10/26

Coloriage:『ジョハンナからの贈りもの 冬を彩るぬりえブック』

 

dsc_4413

dsc_4425

塗る前の写真(表紙・背表紙)↑

 
今回どうして表紙を塗ったかというと、表紙・背表紙の絵柄に一目ぼれしたからなんです。でもあいにくこの絵柄は表紙にしか使われていなくて・・・
 
それで思い切って塗ってみました。
 
 
dsc_4445

今回使った色鉛筆はシンプルに4色。
《黒・黄色・赤・ゴールド》
 
 
 
 
じつはこの4色、私の大好きなHARIBOグミに使われている色の組み合わせなんです♡
 
 
dsc_4505
 
黄色とか赤色が使われているから、クリスマスカラーにも見えておしゃれでしょ☆
 
 
dsc_4452

塗り方のコツですが、常にゴールド(金色)をペアにして塗っていきます。

例えばこんなふうに黄色で塗ったモミの木や長ぐつは必ずゴールドを使う、という感じで。
ゴールドって意外と何色でも合って便利なんですよ♡
 
 
dsc_4447

その繰り返しでコツコツ無心で塗っていきます☆
 
 
dsc_44372
 
全部塗りあげてしまうと元の図案が残らなくてちょっともったいないと思ったから半分だけ、ページをまたいで塗ってみました!
 
 
dsc_443723

原本(海外版)の方は色鉛筆で塗れる用紙が使われている理由から、今回原本の方に塗ってみました。
(日本語版の表紙はつるつるで色鉛筆がうまく乗らないんです(><))
 
もし私のように「表紙も塗りたい!」という方は原本の購入をおすすめします☆
 
 
dsc_4502
 
dsc_44371

4色しか使わないから、あれこれ色に迷わないで塗れる【色を限定して塗る】やり方は、無心になってストレス発散・リフレッシュ効果も期待できるのでぜひ一度試してほしいです♡
 

P.S.
おとなのコラボ塗り絵で見本にしている「一平ちゃん焼そば」シリーズに、なんと”ショートケーキ味”が発売されましたね!!!
 
面白い味ばっかりでほんとすごい・・!今度お昼休みに食べてみよ~って同僚たちと話しています(楽しみ)
遊びのある商品をいろいろ出してる企業って憧れる♡
 
他にもお菓子のパッケージデザインがChristmas仕様にいろいろ変わっていて、コラボ塗り絵に使える題材がいっぱい!どれから塗っていこうかワクワクしてる毎日です☆
 
 
♪使っている画材のご紹介♪
 

 
【三菱鉛筆 色鉛筆 ユニカラー 】
 
細かいところもキレイに丁寧に塗れて重宝してる油性色鉛筆です☆
 
【36色セット】【72色セット】
 
 
☆冬のぬりえ集めてみたよ☆
 
 
 
LINEで送る
Pocket

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。