toggle
2016-08-01

『Birds 鳥ぬり絵図鑑』の小鳥を4色だけで鮮やかに塗る方法は?

2016-07-31-12-56-07_deco
 
こんばんは。
コロリアーティストの菅原志希です。
 
今日はいつもと違うジャンルの塗り絵をコロリアージュしてみました!
使った色鉛筆は4色だけだけど、鮮やかで大人っぽい雰囲気に彩色できました☆
 
♪こちらの塗り絵ブックのご紹介です♪
 

 
ぬり絵の図鑑なんです。
鳥だけが37種類、一羽が1ページに大きく描かれている塗り絵ブック。
 
左ページは鳥の名前・色や説明文、右ページには図案。
著者はイギリスの女性アーティストさんで、動物の体部分にペイズリー柄のような模様が細かく描かれているのが海外の画風っぽくて個性的。
 
動物や図鑑が大好きな方にはオススメのぬり絵図鑑です☆
 
 
著者:ジョージー ウールリッジ
大型本: 79ページ
出版社: 青土社
発売日: 2016/07
 
 
 
DSC_3473
 
(塗る前の図案↑)
 
今日の色の選び方ですが、小鳥の体部分に細かくて太いラインがびっしり描かれているから「少ない色合いでシンプルにしよう!」って第一印象で思いました。
(たくさん色を加えるときっとごちゃごちゃしてしまうから・・)
 
 
 

 
それで私の大好きなこのHARIBOゴールデングミのパッケージカラーで挑戦♡
 
 
2016-07-31-15-40-49_deco
 
並べるとこんなラインナップです。
(赤色はちょっと深みのある[ダークレッド]をチョイス。)
 
 
 
DSC_3481
 
<赤・黒・ゴールド・黄>を隣どうしが重ならないように気をつけて塗っていきます。
 
 
細かい場所・広い場所、いろんな面積を塗るのが気持ちいい♪
 
 
DSC_3485
 
顔部分は模様の外側部分。隙間を埋めるように、黒を中心に塗りすぎないように気をつけました。
 
ところどころ塗らない部分も設けます。
 
 
DSC_3486
全部塗れた!
 
 
DSC_3593
 
DSC_3493
続いて、黒とゴールドで花びらのふちを一部分残して彩色。
 
たくさん花が描かれてるからちょっと時間がかかって、その間に「背景をどんなふうにしようかな?」って考えました。
 
 
DSC_3595
 
【黒とゴールド】ってすごく相性がいい。
でもこういうシックな色合いはあまり塗り絵では使わない。だからこそ今回は使おうと思いついたのがオリジナルの文字部分。
 
 
DSC_3599
 
「Bird」の文字を下書きして・・それだけだと寂しいから”B”の文字を反転させて並べて描いてみました☆
黄色のドットも描いてウォーターブラシでぼかしてみて。
 
背景は黄色の色鉛筆を寝かせて薄く塗りました。
 
 
2016-07-31-12-59-09_deco
できあがり♡
 
実はこちらの塗り絵ブックなんですが、青土社さんという出版社からいただいたものなんです。
 
(他にも 『Animals 動物』『Waterlife 水のいきもの』の計3冊がシリーズで出版されています)
 
 
ずっとブログを見てくれている読者の方ならお分かりかと思いますが、私が自分で塗り絵を選ぶとどうしてもメルヘンでファンタジックな可愛い系ものばかりになってジャンルが偏ってしまうんですね。
 
今回、自分では選ばないようなかっこいい図柄を彩色する機会をくださって、いつもとは全然違う新鮮な気分で塗ることができました。
背景をちょっとだけアレンジしたり、いつもやらない工夫ができたことなどとても感謝しています。
 
他の2冊のシリーズもまたアップしますので見ていただけると嬉しいです。
 
 
塗り絵ブックの詳細はこちら☆
 
 
 
 ♪使っている画材のご紹介♪
 

 
 
【ファーバーカステル アルブレヒト デューラ水彩色鉛筆】
 
滑らかで軽い筆圧で塗れる。
六角軸が指にフィットして塗りやすい。
芯の減りが少ない。
 
値段がちょっと高いのが欠点だけど・・初めてこちらの水彩色鉛筆を使ってみて値段に勝るめポイントがいっぱいでびっくり。

 
発色&塗り心地にすごく感激しました☆
 
 
(金色は60色セットから入っています)
 
 
 
LINEで送る
Pocket

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。